パン 考察1

天狗
「パンとワインをたのしみたい。パンを食べながら赤ワインが飲みたい」

河童
「パン買い忘れたじゃないですか、おじいちゃん」

天狗
「おじいちゃん違うわ!パンがなければ作ればいいじゃないですか」

河童
「え?そんな簡単にうちで作れるんですか?」

天狗
「だめだ、もう耐えられない」

河童
「え?ちょ、子丑さん」

天狗
「もう我慢できないっ、作る!うおおおおおおおおおお」

fc2blog_20170218215928c6f.jpg

天狗
「あっためながら30分・・・・・はいっ一次発酵おわりっ コンビニで買ってきた木の実ミックス砕いて入れときますか。さあ、二次発酵です」
fc2blog_20170218215921bc9.jpg


河童
「えええ、はやっ」

天狗
「うおおおおおおお」
fc2blog_201702182159253fa.jpg


河童
「はやっ、でも汚くないですか?」

天狗
「膨らめばいいんですよおおおおおおおおおお、あああっはっはっは」

fc2blog_2017021821591813f.jpg


河童
「そんな乱雑な」

天狗
「はいオーブンあっためて、やいて、できた!!」
fc2blog_20170218215914503.jpg


河童
「あ、美味しい」

天狗
「強力粉買い忘れたんで小麦粉だけで行ってみましたけど、できるもんですねえ」

河童
「!?」

ムニエル 調理の定義

河童
「洋食が食べたいです!子丑さん!」
天狗
「はいはい白湯さん、焼くだけ簡単の洋食ありますよ」
河童
「え?焼くだけ?ほかにすることは?」
天狗
「小麦を表面にくっつけてバターで焼くだけです。味は塩でつけます」
河童
「ずいぶん簡単につくれるんですね。なんですかそれ?」
天狗
「ムニエルです」
河童
「へえー」
天狗
「ムニエルは材料の定義はありません。小麦を付けてバターで焼けばそれがムニエルです。はい、鶏むね肉のムニエル」
河童
「うわあ、表面ぱりぱりでジューシーですねえ。美味い!」
天狗
「あ、写真撮り忘れました」
河童
「ああああああ、ごめんなさい!全部食べてしまいましたあああああああ」
天狗
「はやっ!?レモンもしぼってませんでした」
河童
「しまったあああああああああ、レモンかけて食べたかったあああああ」
天狗
「こしょうってどのタイミングでかければよかったんですかね?(手にペッパーミルを持ちながら)」
河童
「ああああああああ、私は、何てことをっ」
天狗
「もとはフランス語の風車という意味のムーランからきてるらしいですね。製粉業者風ってことらしいですよ」
河童
「ほかのムニエルも食べてみたい!」
天狗
「魚がもとらしいですから、次は魚でやってみましょうか}
河童
「ぜひ!」

麻婆豆腐 レシピ1

調理道具
包丁、フライパン、ボウル2つ
材料(2人ぶん)
豆腐   :一丁
豚ひき肉:300g
長ネギ  :一本
にんにく :一かけ
生姜   :一かけ
小葱   :三本
調味料
酒    :大匙3
醤油  :大匙2
豆板醤 :大匙1
甜面醤 :大匙1
片栗粉 :適量(大匙3くらい)
水    :250ml
ごま油 :大匙2
調理過程
1 長ネギとニンニクをみじん切りにしてボウルに入れておく。
2 豆板醤と甜面醤と醤油と水100mlをボウルに入れて解いておく
3 ごま油をフライパンに入れて温め、みじん切りにした長ネギとニンニクを香りが出るまで炒める。
4 ひき肉を炒める。色が変わり始めたら酒を入れて全体になじませる
(色が変わった後もなるべく炒める 一分ほど追加で炒めるといいかもしれません)
5 2でつくった調味料をいれてひと煮立ちさせる
6 煮立ったら豆腐を入れて、ぐつぐつ言い始めたら、残りの水に片栗粉を溶いて、少しずつ混ぜながら入れていく。
(片栗粉は好みの固さになるまで混ぜてみる。少しずつがいいです)
7 お皿に盛り付けたら、小ねぎを細かく切ってのせる。
fc2blog_201702152019396ee.jpg
天狗
「片栗粉って度のレシピを見ても結構適量って書いてあることおおいですね」
河童
「そこまで完璧にレシピ作っていきたいですね」
天狗
「レシピ完成したらタイトルに完成って入れていきますね」
河童
「辛さはこれでちょうどいいと思いますけど、足りなかったらラー油をかけて調節お願いします!」

麻婆豆腐 四方山話 その1

fc2blog_201702152019396ee.jpg

天狗
「いやあ、辛かった麻婆豆腐」

河童
「本格的って文言見るとついついやらかしますよね、子丑さん」

天狗
「ついついねえ。本物がいいんですよ。この前失敗して偽オイスターソース買っちゃいましたけどね」

河童
「偽オイスターってなんですか(笑)そんなものあるんですか」

天狗
「なんかゼリー状のがチューブから出てくるんですよ。それっぽい味はするんですけど、あの手のものはカラメル味がしていけない」

河童
「ああ、そういえば原材料にカラメル色素ってかいてありますけど、やっぱカラメルの味するんですねえ」

天狗
「結構はっきりとわかりますよ。あれはいけない。見た目のために味を犠牲にしています。見た目もよくないですけどね」

河童
「使ったお金はもったいないですが、本物求めるならこんどは注意して買ってきましょうね」

天狗
「ええ、そうしますよ。ところで白湯さん、麻婆豆腐ってなんで辛いか知ってます?」

河童
「え?おいしいからとかじゃないんですか?」

天狗
「なんか、カレーと同じ理由らしいんですけど、気温が暑い中でも食欲を湧くようにする工夫なんだそうですよ?」

河童
「へえ、でもたしかに、言われてみると、お米たくさん食べられますよね、カレーも麻婆豆腐も、共通してる気がします」

天狗
「炭水化物を摂取するための工夫ってことなんですかねえ」

河童
「人は炭水化物をとるために料理に様々な工夫を施しますね」

天狗
「ん?ってことはもしかしてパンも?小麦を摂取するための工夫?あ、いけない、とまらない料理の扉を開いてしまいそうな気がする」

河童
「パンを作りましょう!いますぐに!」

天狗
「麻婆豆腐の話をしていたはずでは!?」

麻婆豆腐考察

天狗
「あー、本格的な麻婆豆腐食べたい」

河童
「四川風ってことですか?」

天狗
「ええ、そんな感じのです。辛いのがいい」

河童
「ええ、じゃあまあ例の通りネットで調べてみますかね、麻婆豆腐 本格で検索っと。でてきますねー」

天狗
「豆板醤も甜面醤も用意してありますし、材料もあるんで作り方教えてください」

河童
「先に調味料いいますよ?ボウル用意して混ぜておいてくださいねー。ええと豆板醤大匙2、甜面醤大匙1、醤油大匙1って、醤油大匙1でたりますかね?」

天狗
「豆板醤にはつくる過程で塩が入ってますので、そこらへんは心配ないと思います。たぶんそれでちょうどいいしょっぱさじゃあないですかね?」

河童
「へえー、醤油の上の漢字が使われてるのはしょっぱいからですかね?まあいいや、次の調味料は砂糖」

天狗
「砂糖ですかー。いらないと思います。砂糖。省きましょう」

河童
「ええー、ネットでレシピ調べるとどんな料理にも砂糖はいってるじゃないですかー。本当に要らないんですか?」

天狗
「まあまあ、ちょうどいいから、豆板醤と甜面醤、例のごとくちょっと舐めてみましょうか」

河童
「ほうほう、豆板醤は予想通り。辛いっ。あと意外としょっぱいですね。どれ甜面醤は・・・おお、結構甘い。これなら砂糖いらなそうですね」

天狗
「お肉炒めるときにお酒も入れますけど、料理酒も結構甘いですからね。砂糖って結構いらない料理多いかもしれませんよ?」

河童
「ふうむ。あ、ええと次ですけど、ネギと生姜とニンニクを適量みじん切りにして、大匙2のごま油で香りが出るまで炒めてください。そしたらお肉投入して、お酒大匙1を入れていためてください。あ、ひき肉は200グラムだそうです」

天狗
「ほうほう、んでいたまったら調味料をいれ、ってあれ、ボウルにへばりつきましたね」

河童
「お水250ミリリットル必要だそうですから」

天狗
「ああ、なら150くらいつかって溶かしながら入れますか。のこりは片栗粉をといて使わせてもらいましょう。とりあえず片栗粉入れる前に豆腐投入して」

河童
「ひと煮立ちしたら片栗粉といていれましょうか」

天狗
「本格ってわりには結構手間がかかりませんね。これ作るまでに30分とかかりませんよ」

河童
「なんか中華って、素早くできるイメージありましたけど、イメージ通りって感じですね!」

天狗
「はいできたあっ、いっただっきまーす」

河童
「いっただっきまーすぅって、辛いいいいいいいいいいいいいいい!!」

天狗
「うまっ、うまっ」

河童
「ちょ、子丑さん、辛すぎません?甘さとかしょっぱさとかは丁度いいんですけど、ちょ、辛い」

天狗
「米が進みます」

河童
「いやたしかにうまいっ、ですけどハフッハフッ、辛っ」

天狗
「うーん、これだと日本人には辛すぎる気もしますね。ちょっと次回調節してみますか」

河童
「ええ、その方向でいきましょう」
fc2blog_201702152019396ee.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。