スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン 四方山話 その1

fc2blog_20170219081801c29.jpg

天狗
「朝食のパンも素晴らしい!」

河童
「木の実砕いて入れたのがよかったですね!」

天狗
「まさかコンビニの木の実でこんなに化けるとは思いもよらなくて、ははっやはり私は天才」

河童
「天狗にならないでください」

天狗
「アイデンティティ否定された!?」

河童
「もっとおいしくできるはずです。どんなことでもそうですけど、満足したらそこで終わりですからね」

天狗
「それもそうですね。今回のパンはシットリぱさぱさで、古き良きって感じが好みドストライクでしたが」

河童
「だいたい昔の人だって、小麦練って焼いただけで満足してたら、パンは膨らんでませんよ

天狗
「ああ、確かパンはエジプト発祥だったかと思いますが、なんでしたっけ、膨らんだのって、キッチンの隅であぶくを出すおかゆを混ぜたところから始まったって聞いたことありますね」

河童
「昔どうだったかは知りませんが、向上心のなせる業じゃないですかね。常に工夫しようとしなければそれをパンに入れようなんて考えないでしょう」

天狗
「そうですね。これはあくまで推測ですけど、ほっといた生地が少しだけ膨らんだのを見て、ほっておいたほかのものをいれればすぐに膨らむんじゃ、なんて発想に至ったかもしれません。だとすれば、それは工夫し続けようとした人にしか得られない発想だったかもしれませんしね」


河童
「だからもっとおいしいの作ってください」

天狗
「そうですね、次は全粒粉パンとか、クロワッサンとか、いろいろチャレンジしてみましょうか!」

河童
「期待してます!私は試食係を!」

天狗
「させねえよ、手伝ってください」

河童
「ひええ」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。