スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻婆豆腐 四方山話 その1

fc2blog_201702152019396ee.jpg

天狗
「いやあ、辛かった麻婆豆腐」

河童
「本格的って文言見るとついついやらかしますよね、子丑さん」

天狗
「ついついねえ。本物がいいんですよ。この前失敗して偽オイスターソース買っちゃいましたけどね」

河童
「偽オイスターってなんですか(笑)そんなものあるんですか」

天狗
「なんかゼリー状のがチューブから出てくるんですよ。それっぽい味はするんですけど、あの手のものはカラメル味がしていけない」

河童
「ああ、そういえば原材料にカラメル色素ってかいてありますけど、やっぱカラメルの味するんですねえ」

天狗
「結構はっきりとわかりますよ。あれはいけない。見た目のために味を犠牲にしています。見た目もよくないですけどね」

河童
「使ったお金はもったいないですが、本物求めるならこんどは注意して買ってきましょうね」

天狗
「ええ、そうしますよ。ところで白湯さん、麻婆豆腐ってなんで辛いか知ってます?」

河童
「え?おいしいからとかじゃないんですか?」

天狗
「なんか、カレーと同じ理由らしいんですけど、気温が暑い中でも食欲を湧くようにする工夫なんだそうですよ?」

河童
「へえ、でもたしかに、言われてみると、お米たくさん食べられますよね、カレーも麻婆豆腐も、共通してる気がします」

天狗
「炭水化物を摂取するための工夫ってことなんですかねえ」

河童
「人は炭水化物をとるために料理に様々な工夫を施しますね」

天狗
「ん?ってことはもしかしてパンも?小麦を摂取するための工夫?あ、いけない、とまらない料理の扉を開いてしまいそうな気がする」

河童
「パンを作りましょう!いますぐに!」

天狗
「麻婆豆腐の話をしていたはずでは!?」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。