ムニエル 調理の定義

河童
「洋食が食べたいです!子丑さん!」
天狗
「はいはい白湯さん、焼くだけ簡単の洋食ありますよ」
河童
「え?焼くだけ?ほかにすることは?」
天狗
「小麦を表面にくっつけてバターで焼くだけです。味は塩でつけます」
河童
「ずいぶん簡単につくれるんですね。なんですかそれ?」
天狗
「ムニエルです」
河童
「へえー」
天狗
「ムニエルは材料の定義はありません。小麦を付けてバターで焼けばそれがムニエルです。はい、鶏むね肉のムニエル」
河童
「うわあ、表面ぱりぱりでジューシーですねえ。美味い!」
天狗
「あ、写真撮り忘れました」
河童
「ああああああ、ごめんなさい!全部食べてしまいましたあああああああ」
天狗
「はやっ!?レモンもしぼってませんでした」
河童
「しまったあああああああああ、レモンかけて食べたかったあああああ」
天狗
「こしょうってどのタイミングでかければよかったんですかね?(手にペッパーミルを持ちながら)」
河童
「ああああああああ、私は、何てことをっ」
天狗
「もとはフランス語の風車という意味のムーランからきてるらしいですね。製粉業者風ってことらしいですよ」
河童
「ほかのムニエルも食べてみたい!」
天狗
「魚がもとらしいですから、次は魚でやってみましょうか}
河童
「ぜひ!」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。